ホーム > サービス > 位置情報システム開発(GPSシステム開発)

位置情報サービスの受託システム開発のことなら

Location Based Services & Systems

位置情報システム開発(GPSシステム開発)

位置情報システムは、地理空間情報上にリアルタイムで位置情報とコンテンツ情報を融合し、モバイル通信技術を用いて、防災、セキュリティ、交通等の様々な分野で利用する事ができるのがLBS(Location Based Services & Systems)です。 ウェーブオンは、フィーチャーフォン(携帯電話)やスマートフォン(iPhone ⁄ Android ⁄ WindowsPhone)又はタブレットPC(iPad ⁄ Android ⁄ Windows)でGPS(Global Positioning System)やWi-Fi·超音波·自律航法·IMES·BLE(Bluetooth Low Energy)·RFID等を利用し位置に関わる様々なシステム構築を行います。

LBSは、GPS衛星が利用できる屋外のみならず、屋内を含むシームレス測位システム、高精度3次元空間データ等の社会基盤と、通信システム、端末・表示システム等の技術を統合したものです。、屋外・屋内と位置情報を利用するシステムは様々なシーンで活用できます。

ウェーブオンは、次元空間情報の融合に立脚したLBSを交通、観光、防災、ロジスティック、セキュリティ等の様々な分野で適用する位置情報ソリューションや位置情報ナビゲーションシステムのご提供を目指しています。

ウェーブオンの位置情報関連のシステム開発は、さまざまなサービスの構築も手がけております。全ての位置情報ソリューション開発の事なら、お気軽にご相談下さい。

事例紹介

東京都渋谷区代々木1-57-2 ドルミ代々木5F
Phone: 03 5358 5828 Fax: 03 6802 4397 
Contacts: こちらから